インプラント バルプラスト 歯科 ひたちなか市 費用 歯医者
インプラント バルプラスト ひたちなか市 吉元歯科医院
一般保険診療
一般・小児歯科
歯周病
予防歯科

インプラント バルプラスト 費用
インプラント治療とは
当院のインプラントの特徴
バルプラスト義歯
金属床義歯

審美歯科 ひたちなか市 費用
ホワイトニング
クラウン
ラミネートベニア
ハイブリッドセラミックインレー

インフォメーション ひたちなか市 費用 歯医者
院内風景
よくある質問
ブログ
患者様の声
提携病院
価格表

医院ご案内 歯科 歯医者
院長挨拶・スタッフ紹介
医院概要・地図
お問い合わせフォーム
プライバシーポリシー
リンク集

一般保険診療
ホーム → 【一般保険診療】 一般・小児歯科   

一般・小児歯科

虫歯治療の流れ

C0の治療
まだ歯に穴が開いていませんから、適切な歯磨きをすれば元の健康な状態に戻すことができます。
フッ素やキシリトール入りの歯磨き剤で正しい歯磨きを行ってください。
定期的な検診を受け、虫歯の進行状態をチェックします。
予め奥歯の溝を樹脂で塞ぐシーラントという予防処置を行うこともあります。

C1の治療
エナメル質に限局した虫歯。虫歯になっている部分を削り取った後、樹脂(レジン)で埋めます。
虫歯の範囲がエナメル質に限られるため、麻酔をしなくても治療中痛むことはありません。
(歯を削った時の痛みは、下層の象牙質を削ったときから感じます。)

C2の治療
虫歯が象牙質まで達していますから、治療時に麻酔が必要なことがあります。
その後は次の順序で治療していきます。
  1. 虫歯になっているところを完全に取り除きます。
  2. 虫歯の深かったところは、歯髄を保護するためのお薬を詰めます。
  3. 詰め物(虫歯が広範囲に広がった場合は被せもの)がし易いように、歯の形を整えます。
  4. 当日に樹脂を詰める場合は、詰め物をしたあと表面をきれいに磨いて終了です。
    後日詰める場合は、型取りのあと仮の詰め物をして帰宅して頂きます。
    約1週間後、再来院時に出来上がった詰め物(被せもの)を接着剤で歯に固定して終了です。

C3の治療
既に虫歯菌が神経にまで侵入してしまい、歯髄は感染しています。
更なる細菌の侵入や、根っこの外への感染と痛みを防ぐために、歯髄を取り除き歯の中をきれいに消毒したあと、樹脂で根の中を塞ぎます。
(いわゆる根っこの治療)歯髄が生きている場合は、麻酔をして神経を取ります。
歯髄が死んでいたり、既に根管内にお薬が入っている場合は、丹念に根っこの治療をします。
既に神経は死んでいますから、治療中麻酔をしなくともほとんどの場合痛みません。
しかし、治療前から激しい痛みがある時は麻酔を施すこともあります。
根の中がきれいになったら樹脂で塞ぎます。
神経のなくなった歯はもろくなっていますので、金属や樹脂の土台を立てて被せることになります。
被せものについては、保険ではパラジウム合金、前歯の場合は硬質レジン(固いプラスチック)になります。

C4の治療
もうここまで来れば、治療をすることはできません。
ですから1日も早く歯を抜いて傷の治りを待ち、歯がなくなったところをどのようにして噛めるようにするかを考えなければなりません。
通常は傷がきれいに治るまで型取りができません。その分治療の終了が遅れます。
歯を抜いたあとの傷は程度にもよりますが、1週間ほどで痛みがなくなり1〜3か月できれいに治ります。(ただし骨が戻るまでは6か月ほどかかります)
例外的に、取り外しの入れ歯は抜歯後すぐに型が取れます。(あとからの調整が効くため)

小児歯科

お子様の年齢や、歯科治療の慣れ具合により、各お子様に合った治療を心がけています。

ミニマルインターベンションの理念に則り、なるべく神経を残すようにします。

フッソ塗布により歯を強くし、虫歯を予防します。
強制器具による強制治療は行っておりません。

麻酔
当院では浸潤麻酔を行う際、必ず歯肉に表面麻酔を施します。

注射針が刺さる時の痛みをやわらげる効果がありますので安心して治療が受けられます。

COPYRIGHT(C)2008 インプラント バルプラスト ひたちなか市 吉元歯科医院 ALL RIGHTS RESERVED.